ホーム診療科・部門案内 > 画像部門(放射線)

画像部門

画像部門とは

 放射線・超音波・磁力を用い、病気の発見、臓器の働き(代謝)、ガン治療を業務としている部門です。
当部門では、1次~3次救急に対応して24時間業務体制をとっています。血管造影検査、MRI検査、CT検査、超音波検査などの特殊な検査も常に即対応体制となっています。

基本理念

top1.jpg

行動指針

top2.jpg top3.jpg
top4.jpg top5.jpg

画像部医療機器一覧

一般撮影 一般撮影CRシステム 19台
一体型撮影台 CRシステム搭載 7台
FPDシステム搭載 2台
歯科用パントモX線装置 1台
X線乳房撮影装置 2台
乳房バイオプシー装置(マンモトーム) 1台
CT マルチスライスCT(診断用) 16列 1台
64列 1台
320列 1台
放射線治療計画用CT 1台
X線透視 X線透視装置フラットパネル方式 8台
MRI 1.5Tシステム 2台
3.0Tシステム 1台
核医学 SPECT装置 3台
PET-CTシステム 1台
超音波 超音波診断装置(ハイエンド型) 2台
超音波診断装置(汎用型) 17台
超音波診断装置(ノート型) 3台
血管造影 血管撮影システム(バイプレーン) 3台
IVR-CTシステム 1台
ハイブリッドシステム(オペ室) 1台
放射線治療  放射線治療システム 1台
移動型X線装置 移動型X線装置(FPDシステム非搭載) 9台
移動型X線装置(FPDシステム搭載) 1台
移動型デジタル式汎用一体型X線透視診断装置 3台
その他 体外衝撃波結石破壊装置(ESWL) 1台
X線骨密度測定装置(DEXA) 1台

医療機器写真一覧へ                              (救命救急X線室を含む 平成27年10月現在)