ホームお知らせ2020年

お知らせ 2020年一覧

当院の新型コロナ感染症対応について(第3波をうけて)

2020年11月19日 トピックス

 安心して当院を受診していただくために以下のような様々な対策を講じ、細心の注意を払って診療しています。自宅での検温で37.5℃をこえる場合は来院をひかえるか、発熱外来への受診をお勧めします。来院時の手指消毒、マスク着用についても引き続き徹底をお願いします。マスクの着用がない場合は当院職員から着用の指導が行われます。

受診相談体制の整備

11月1日に岐阜県最初の電話相談体制整備医療機関に指定されました。
発熱等の症状があり新型コロナ診療をご希望の方は、受診前に必ず新型コロナ専用ダイヤル(0584-77-0783)へ連絡をお願いします。詳しくはこちら

サーモグラフィーによる体温測定

【場 所】 正面玄関(病院北側)、 南玄関(病院南側)の2ヶ所

来院時はサーモグラフィーによる検温をお願いします。アラーム音が鳴る場合(体温が37.5℃以上の方)は医師の判断により、通常とは異なる診療となる場合がございます(原則的に発熱患者の診療は救急外来にて行います)。

発熱患者や特定の手術患者のPCR検査

発熱患者および特定の手術患者には抗原検査/PCR検査を院内で行っています。新型コロナウイルスを院内に持ち込まないようにし、皆さんに治療や検査を安心して受けていただけるようにするためです。

面会制限の継続

・1家族1日1人

・手術当日の付き添いは2人まで、特殊な検査(血管造影検査など)は1人

37.5℃以上の方、体調不良の方の面会はご遠慮いただきます。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、患者さんの安心・安全のため、ご理解・ご協力をお願いいたします。

第3回循環器市民公開講座のお知らせ(終了しました)

2020年09月02日

「大垣市民病院公開講演会」を開催します。 どなたでも参加いただくことができます。

心臓病に関する予防や診療についての理解を深めていただき、よりよい生活を

過ごすためには、ご自身の病気のことを知る事がとても大切です。

是非、お気軽にご参加ください。

と き 令和 2年 9月 17日(木) 15時~

ところ 大垣市民病院 管理棟5階 講堂

定員50名 参加費無料・事前申込み不要

 定員数に達した時点で受付は終了とさせていただきます。 

 3密を避けるため収容人数に制限をさせていただきます。

 当日は必ずマスクを着用ください。入場に際し体温チェックを行います。

 発熱や軽度であっても咽頭痛の症状のある方はご遠慮ください。 

新型コロナウィルス等の影響により公開講座を中止する場合があります。

その際は当院ホームページにてお知らせ致します。

 

   詳しくは、チラシをご覧ください。


大垣市民病院公開講座

当院の新型コロナ感染症に対する指針(第2波をうけて)

2020年08月21日 トピックス

  7月以降の急激なPCR陽性患者数の増加に伴い(第2波到来)、これまでの面会制限(1家族1日1人まで)に加えて、手術当日(緊急時を含め)の付き添いは2人まで、特殊な検査(血管造影検査など)は1人に限定させていただきます。

  これまで同様以下の注意事項を遵守してください

1. 施設内での体温測定(37.5度以上の方は救急の発熱外来を受診すること)

2. 患者・家族のマスク着用(外来、入院)の徹底

3. 院内での会話の制限、手指消毒、手洗いの励行

4. 午前中の混雑を回避するため、午後外来および午後検査(診察は後日に)を推奨

5. オンライン診療(ビデオカメラによる診察)の普及

 

 ●当院では7月6日以降、保健所の行政検査とは別に院内での抗原検査、PCR検査を行っています。発熱患者でコロナが疑われる場合はもちろん、無症状者でもコロナ陽性患者との接触が疑われる場合は至急検査を行って陰性を確認しています。職員も陽性者との接触がある場合はPCR検査を施行し、陰性を確認するまでは自宅待機としています。

 ●救急からの入院患者は全例、抗原あるいはPCR検査を施行してコロナ陽性者が誤って一般病棟に入院しないように感染症管理を徹底しています。今後は手術患者をはじめ、予定入院患者でもPCR検査をあらかじめ施行して、"コロナ陽性者"が一般患者と接触しないような安全、安心な医療提供体制を確立します。

 ●陽性者と陰性者をはっきり切り分けることが現状もっとも大切なコロナ対策であると考えてます。  

  今後とも感染症対策へのご協力とご配慮をよろしくお願いいたします。

医学生対象 大垣市民病院 Web研修説明会【Zoomを使って開催!!】

2020年08月14日

医学生の皆さんを対象とした病院説明会の開催を下記のとおり予定しております。

申込みはこちらから

setumei.png

第85回糖尿病公開講演会のお知らせ(終了しました)

2020年07月31日

「第85回糖尿病公開講演会」を開催します。
どなたでも参加いただくことができます。
糖尿病についての理解を深め、日々の良好なコントロールを得るためにお役立てください。

と き 令和 2年 9月 17日(木) 16時~

ところ 大垣市民病院 管理棟5階 講堂

詳しくは、チラシをご覧ください。
第85回糖尿病公開講演会

「大垣市民病院 初期臨床研修 病院説明会」のお知らせ(受付は終了しました)

2020年05月26日

医学生の皆さんを対象とした病院説明会の開催を下記のとおり予定しております。

チラシはこちらから

参加を希望される方は、下記の申し込みフォームよりお申し込みください。

今後、新型コロナウィルス感染症の拡大状況に応じて日程・内容など変更になる場合は、メールにてご連絡させていただきます。

対 象

 医学生

開催日時

 令和2年6月27日(土)15:00~18:00 

 申し込み期限:6月25日(木)

 集合場所・時間

 大垣市民病院・事務局庶務課

 14:45集合

スケジュール

 初期臨床研修プログラムの説明

 院内施設見学

 体験(縫合体験、エコー体験、鉗子を操作しての内視鏡体験)

 初期臨床研修医との交流会(軽食付き)

 ※当日、懇親会(18:00~)も予定しています。

  宿泊も可能です。是非ご参加ください。

 

持ち物

 筆記用具、宿泊用具(希望者のみ)

アクセス

 JR東海道線大垣駅(南口)から名阪近鉄バス乗車

 市民病院前バス停より徒歩1分

※後日担当者より、メールにてご連絡いたします。

 病院説明会申し込みフォーム

新型コロナウィルスに対するご協力とご支援に感謝いたします

2020年05月19日

 2020年1月わが国でも新型コロナ感染者が報告され、医療サイドとしては2月以降厳戒態勢のもと患者管理、職員管理を行ってまいりました。院内感染はひとたび起こると長期間に渡って病院機能が減退・縮小するとともに市民の皆さんにも多大な影響を及ぼします。特に当院のような西濃地区全域をカバーする基幹病院では影響は計り知れません。岐阜県では2月25日に第一例目が発生して以来、岐阜市を中心に感染が拡大し、特に3月下旬から4月上旬にかけてクラスター発生が相次ぎ一気に150例まで患者が増加しました。ただ、その後はみなさん一人一人の自粛と 4月7日の緊急事態宣言が相まって5月以降は発生が皆無に等しくなりました。今後も病院内でのマスクの着用、手洗いの励行、面会の制限(現在は1家族1人に限定)など、ご協力をお願いいたします。また、午前中の外来混雑(採血室など)を緩和するため、主治医と相談の上午後外来(午後1時から4時)の活用をお願いいたします。

 現在当院ではコロナ対策として軽症(中等症)17例、重症(呼吸器7台、ECMO 4台)7例の入院加療ができる体制を完備しています(すべて陰圧式の感染病棟)。当院では当初からPCR検査をドライブイン方式で行い、疑い例は感染病棟へ隔離(一時的)をしております。院内の感染予防についてはICT(感染対策室)が中心となってマニュアル作りから最新情報の伝達、感染防護(マスク、ガウン、消毒アルコールなど)の管理までをリアルタイムで行っています。また当院と他の新型コロナ受け入れ病院が情報を共有するためのITを用いた西濃地区独自のオンラインシステムを構築しています。

 コロナ対応は今後形を変えながらも長期化することは明白です。皆さんのご協力と医療関係者へのご配慮を重ねてお願い申し上げます。また、各所から当院の医療従事者に対して軽食、弁当、マスクなどのご寄付を賜りましたことをこの場を借りて深謝申し上げます。

 

2020年5月19日 大垣市民病院 院長 金岡祐次

人間ドック・健康診断再開のおしらせ

2020年05月19日

 休止のご案内をしておりました人間ドック・健康診断の業務を5月25日(月)より、再開いたします。

 新型コロナウィルス感染症対策に基づき、一部制限事項も残っており、皆様には引き続き、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス肺炎の対応について

2020年05月11日

新型コロナ

新型コロナ

日本脳卒中学会認定「一次脳卒中センター(PSC: primary stroke center)」に2019年9月に認定されました。

2020年04月16日

 当院は救急病棟(HCU)に2床の脳卒中ユニットを有しています。脳神経外科医7名、救急部医師3名、神経内科が協力し、24時間365日t-PAがいつでも投与出来る体制を整えています。また、緊急の機械的血栓回収療法は脳神経血管内治療専門医を中心とし、2018年は32件、2019年は36件と岐阜県トップクラスの治療件数を誇ります。
 脳梗塞のみならず、くも膜下出血、脳出血に対する治療にも非常に力を入れています。くも膜下出血については開頭手術とカテーテル治療を、脳出血については開頭手術と内視鏡手術を上手く使い分け、患者さんにとって最適な治療を提案しています。

 尚、2020年4月より神経内科医師の減少により、2018年5月より開始していた脳卒中当直体制は廃止となります。今後、超急性期脳梗塞治療の対象となる、あるいは外科的治療が必要と考えられる脳梗塞患者さんは脳神経外科が管理を行います。それらが対象とならない脳梗塞の患者さんについては、従来神経内科を中心に入院管理を行っておりましたが、2020年4月からは脳神経外科がバックアップのもと、内科輪番での入院加療が中心となる予定です。

2020年4月1日『高度型がん拠点病院』の指定を受けました.

2020年04月12日 トピックス

 厚生労働省が昨年度指定した"高度型"地域がん診療連携拠点病院は全国で47病院あり,当院は岐阜県初の指定病院となりました.これまでの地域がん診療連携拠点病院は全国に約300病院あり(内訳は地域がん診療連携拠点病院275箇所、地域がん診療連携拠点病院(特例型)26箇所),その中で"高度型"に選ばれるためには,院内がん登録件数(2649件/年),悪性腫瘍手術件数(1331件/年),放射線治療件数(10633件/年),抗がん剤治療件数(8283件/年),緩和医療件数(新規155件/年)などの実績が際立つことが必須要件となっています(カッコ内は当院の実績を示す).がん患者の治療だけではなく生活の質を担保すべく地域の病院,診療所,訪問看護ステーション等と緊密な連携をとって,今後とも患者・家族の安心・安全を第一に考え,がん治療の基幹病院としての役割を果たしていきたいと思います.

 

市民公開講座中止(延期)のお知らせ

2020年02月21日

 2月27日(木)開催予定の循環器市民公開講座・糖尿病公開講演会は、厚生労働省の見解を考慮し、中止(延期)することになりました。

尚、同講演会は日を改めて開催する予定です。

日程等が決定次第、再度ご案内いたしますので、よろしくお願い致します。

「大垣市民病院 初期臨床研修 病院説明会」のお知らせ(開催中止)

2020年01月16日

 申し込みはコチラから

インターンシップ