ホームお知らせ2019年

お知らせ 2019年一覧

がんゲノム医療連携病院に指定されました

2019年02月06日

 大垣市民病院は、がんの遺伝子を調べて最適な薬や治療法を選ぶがんゲノム医療について、「中核拠点病院」と連携して検査などを行う「がんゲノム医療連携病院」に2018年10月1日に厚生労働省より指定されました。

 遺伝子を分析する方法は「遺伝子パネル検査」と呼ばれ、患者さんのがんの組織を使い、数百種類のがん関連遺伝子を一度に調べます。今後のがん治療は、従来のような「がん種」ごとの治療に加えて、それぞれの遺伝子にあわせた「個別化治療」が新たに始まります。

麻しん(はしか)の対応について

2019年01月23日

 1月22日に、岐阜県で5人目の麻しん患者が発症しました。

 麻しんを疑うような症状(高熱・発疹・咳・鼻水・目の充血)が現れた場合は、医療機関を受診する前に、まず西濃保健所(℡:0584-73-1111)にご連絡をお願いします。

直接、医療機関への受診は、感染拡大に繋がりますのでご協力お願いします。

「大垣市民病院 初期臨床研修医 病院説明会」のお知らせ

2019年01月16日

1月21日より申し込みを開始します。 

インターンシップ


日本食道学会食道外科専門医認定施設に認定されました。

2019年01月01日 トピックス

 当院には、食道癌治療を専門とする食道外科専門医が在籍しています(全国261名、岐阜県5名)。この度、日本食道学会食道外科専門医認定施設に認定されました。岐阜県下では当院を含め3施設しかありません。これまでの食道癌の治療実績が評価されたと考えています。

 食道癌の治療には、手術療法、内視鏡的切除、放射線療法、化学療法など多彩な治療があり、治療経験が豊富な施設にかかることがとても大切です。当院では食道切除は胸腔鏡下に施行し、より安全に、そして、患者さんに負担の少ない手術を心がけています。また、高度進行がん、再発症例などのあらゆる食道癌症例に対しても、放射線療法・化学療法などと組み合わせた集学的治療により治療成績を向上させています。