ホーム大垣市民病院について > ハイブリッド手術室

ハイブリッド手術室

 平成26年7月17日、中央手術室内に、西濃地域初となるハイブリッド手術室を導入しました。
 ハイブリッド手術とは、カテーテル手技による血管内治療と、外科手術を同時に行う手術の事であり、カテーテル治療医と外科系医師をはじめ、医療スタッフの連携が必要不可欠です。
 今回、岐阜県内では3施設目の導入となりますが、他の2施設はカテーテル検査室への導入であったのに対し、市民病院では、麻酔科医をはじめ各科医師、そして各種医療スタッフが常駐する手術室を改装し、室内に東芝メディカルシステムズ社製の最新鋭X線循環器診断システム『Infinix Celeve™-i INFX-8000H』および、ドイツのMAQUET 社製専用手術台『MAGNUS手術台埋込型 1180』を設置した事で、より安全かつ清潔な環境でハイブリッド手術を実施できます。
 また、56インチ大型モニターを採用し、手術中でも非常に高精細なX線画像をリアルタイムに表示し、従来よりも高精細な画像を利用でき、今後は、胸部大動脈瘤や腹部大動脈瘤に対するステントグラフト留置術(TEVAR、EVAR)をはじめ、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)、その他血行再建術等を、年間100~150症例実施する予定です。

hybrid.jpg