ホーム医療関係者の方へ > 医療連携システム(OMNet)

OMNetの概要

 医療連携ネットワークシステムは、レントゲン写真やお薬などの医療情報を大垣市民病院と当院(かかりつけ医)で共有し、正確な情報に基づいた質の高い安全な医療を行うためにつくられました。
この医療連携ネットワークシステムは、同意を得た患者さまのみ、大垣市民病院で行われた検査等の診療内容がインターネットを介して紹介元の病院で見ることができるものです。
 また、医療連携ネットワークシステムに地域連携パス情報を組合わせることにより、共通化された治療、検査、経過観察を受けることができます。

紹介ビデオ

利用イメージ

インターネットが利用できるWindowsのパソコンを利用して、SSL-VPNソフトウェアにより医療連携用の専用サイトに入ります。 DICOM画像を閲覧するソフトウェアをダウンロード、インストールした後、Internet Explorerを立ち上げ、診療情報(画像、血液検査結果、処方等)を閲覧します。

公開内容

電子カルテシステムで入力したオーダ情報、診療情報提供書、退院サマリ、検体検査結果及び放射線システムに入力した画像、レポート等
※共有マップ・・連携医療機関の紹介状、画像、検査内容等をアップロードでき、双方向で閲覧できます。

利用環境

対応OS: Windows Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 8.1 ( Macintosh, Android 未対応)
対応ブラウザ: Internet Explorer 7, 8, 9, 10, 11

利用登録医療機関

利用登録医総数 113名 (H29.5.1現在)
利用者登録一覧.pdf

参加同意患者数

参加同意患者総数 12,373名(H29.2.28現在)