TOP > 看護部と活動 > 委員会活動

委員会活動

team
 看護部には業務委員会・教育委員会のもと、各種委員会があり、活発な活動を展開しています。委員会活動は、病院の理念から導き出された看護部目標を達成するためのものです。看護の質の向上を目指して、広い視野をもち、さまざまな角度から検討し実践につなげています。

教育委員会

 教育委員会は継続教育としての、院内研修の企画、院外研修の紹介、看護研究、実習指導者の指導を行っています。
 看護部職員全て(看護師、医療補助員、看護補助員)にラダ-を取り入れ目標管理の一つとして自己学習できる環境を提供しています。教育委員会は、教育担当看護師長と各所属の主任から構成され、各自の自己実現のための援助を行います。
担当名構成内容
レベルⅠ:ステップ1 師長(2)主任(4) 新人看護職員の集合研修とフォロー
レベルⅠ:ステップ2 師長(1)主任(2) 主に2年目看護師の集合研修
レベルⅡ 師長(1)主任(2) 部署で日替わりリーダーがとれるよう集合研修
レベルⅢ 師長(1)主任(2) 部署でチームリーダーがとれるよう集合研修
レベルⅢを終了しⅣになるための活動成果を評価
レベルⅣ 師長(1)主任(2) 熟練者としての活動を援助
他のレベルの教育などの活動を援助
ナースエイド 師長(1)主任(2) 看護補助業務の学習と演習を企画
管理者研修・全体研修 師長(1)主任(2) 外部講師による研修を企画
看護研究 師長(1)主任(2) 看護研究の個別指導
年2回の院内発表企画
院外発表の予行演習会企画

業務委員会

目標

  • 看護サービスの質改善に取り組む
  • 安全・安心な療養環境を作る
  • 働きやすい職場環境づくり

 看護の質の向上を図る環境を作ることを目指し活動しています。看護職員が専門性を発揮しながら誇りと充実感を持ち、働きやすい環境づくりを推めることにより、看護の質の向上を図ります。 各委員会は看護師長、主任看護師(3~5名)、各部署代表の看護師で構成し自部署への浸透に取り組んでいます。業務委員会の目標をうけ、各委員会は年間委員会目標・行動計画を立案し、ラウンド調査・監査・通信など活動を実施しています。

2019年6月1日

看護記録委員会

看護記録委員会  継続看護委員会は、各部署の看護師で構成されています。平均在院日数が11日と短い中、入院当初から「患者に見合った退院後の生活場所の検討」を受け持ち看護師が主体的に関わり、多職種カンファレンスを開催できるよう支援しています。


継続看護委員会

継続看護委員会  継続看護委員会は、各部署の看護師20名で構成されています。 平均在院日数が14日と短い中、入院当初から「患者に見合った退院後の生活場所の検討」を、受け持ち看護師が主体的関わり、多職種カンファレンスを開催し支援をしています。


看護方式委員会

看護方式委員会は、今年度からPNS方式から固定チームナーシング方式に戻り、固定チームナーシング方式が定着できることをゴールとしています。固定チームナーシング方式の役割・業務の理解、チーム活動が理解できるよう各部署の委員が活動しています。

看護倫理委員会

事例を通して倫理検討を行うことで、倫理的問題に気付く力が身に付けられるように啓発活動をしています。また、多職種と倫理検討を行ったり、面談に同席したりして、患者・家族の思いを理解し、共有することで意思決定支援にも努めています。

業務環境改善委員会

患者様の療養環境の質向上と職員が働きやすい職場環境を目指し、タイムリーに「看護基準・手順の改訂」「職務満足度調査」「身だしなみ・環境調査」「広報活動」等の活動をしています。

基準・手順
委員会
・看護基準・手順の改定を行います。各部署に基準・手順リンクナースを置き、必要時召集して活動を行います。
・3年をめどに基礎看護手順の大幅な見直しを行っています。
調査・接遇
委員会
・職場環境、接遇チェックを、各部署におく接遇リンクナースを中心に行います。
・年に1度、職務満足度調査を行います。



このページの先頭へ