ホームお知らせトピックス > 当院の新型コロナ感染症に対する指針(第2波をうけて)

トピックス

当院の新型コロナ感染症に対する指針(第2波をうけて)

2020年08月21日 トピックス

  7月以降の急激なPCR陽性患者数の増加に伴い(第2波到来)、これまでの面会制限(1家族1日1人まで)に加えて、手術当日(緊急時を含め)の付き添いは2人まで、特殊な検査(血管造影検査など)は1人に限定させていただきます。

  これまで同様以下の注意事項を遵守してください

1. 施設内での体温測定(37.5度以上の方は救急の発熱外来を受診すること)

2. 患者・家族のマスク着用(外来、入院)の徹底

3. 院内での会話の制限、手指消毒、手洗いの励行

4. 午前中の混雑を回避するため、午後外来および午後検査(診察は後日に)を推奨

5. オンライン診療(ビデオカメラによる診察)の普及

 

 ●当院では7月6日以降、保健所の行政検査とは別に院内での抗原検査、PCR検査を行っています。発熱患者でコロナが疑われる場合はもちろん、無症状者でもコロナ陽性患者との接触が疑われる場合は至急検査を行って陰性を確認しています。職員も陽性者との接触がある場合はPCR検査を施行し、陰性を確認するまでは自宅待機としています。

 ●救急からの入院患者は全例、抗原あるいはPCR検査を施行してコロナ陽性者が誤って一般病棟に入院しないように感染症管理を徹底しています。今後は手術患者をはじめ、予定入院患者でもPCR検査をあらかじめ施行して、"コロナ陽性者"が一般患者と接触しないような安全、安心な医療提供体制を確立します。

 ●陽性者と陰性者をはっきり切り分けることが現状もっとも大切なコロナ対策であると考えてます。  

  今後とも感染症対策へのご協力とご配慮をよろしくお願いいたします。