TOP > 先輩と職場 > 役割ナース

役割ナース

自分がやりたい事は?

 看護師として中堅を過ぎる頃、もう一度自分を見つめなおしたりします。ここでは、ベッドサイドケアだけでなく、他の業務に取り組んでいる人の話を聞いてみました。

message
アドバンス助産師  
産科病棟

 「満足度の高いケアをめざして」

shii.jpg  妊娠・出産の人生の一大イベント、新生児を受け入れる産褥、家族の一大イベントであるこの時期を、 自分らしく満足の高い瞬間となるよう個別性に配慮し、全力でサポートしています。 妊娠期の過ごし方、分娩時の過ごし方、母乳育児などいろいろな悩みや不安に対応し、 よりよいケアができるよう、ALSO、母乳育児に関してBSケアベーシック及びアドバンスコース、 NCPR Aコースを取得し自己研鑽に励んでいます。またその学びを勉強会や日々の業務で スタッフに伝え、知識・技術を深め全スタッフが統一したケアできるようにしています。 お産は安心してお任せください。  

message
災害支援看護師  
集中治療室

 「当時の師長から言われた一言」

saigaiNs  「井の中の蛙になってはいけないよ」当時の師長から言われた一言でした。広い視野で看護を学びなさいと背中を押されたようでした。この言葉をきっかけに、院外研修や看護研究、学会発表、資格の取得などチャレンジしてきました。その中でも、災害支援ナースとして東日本大震災時に派遣され、避難所で活動できたことは貴重な経験でした。現地では、何もない倉庫の中で、嘔吐と下痢で苦しんでいる人を助けてあげたいという思いで、派遣された災害支援ナースで意見を出し合い、環境や栄養、衛生面を整えていったチーム力や行動力は、今までの知識や経験が活かされた結果だと感じました。
 学んできたことや経験したことは、看護の現場で活かすことができ自信にもつながります。これからも、いろんなことにチャレンジしていきたいと考えています。  


このページの先頭へ