TOP > 先輩と職場 > パパナース

パパナース

message
3病棟4階

 「子供とともに成長を」

baba01.JPG  糖尿病腎臓内科に配属され5年目となりました。入職してから産まれた下の子も早4歳となり、今は上の子も泣かしてしまうくらい元気な子に成長しました。 私たち看護師は、命を助けるために緊張した環境の中で働いています。時にストレスを感じることもありますが、家に帰ると娘達がその日の出来事などいろいろな話をしてくれ、そんな小さなことでもとても癒されます。そして、また仕事を頑張ろうという思いになります。娘達の笑顔を見ると、この仕事を選んで良かったと思います。まだまだ未熟者ですが、今後も子供と共に自分も成長していきたいと思います。

message
集中治療室

 「子どもの笑顔に助けられています」

 他の病院の一般病棟で5年働き、現在は大垣市民病院のICUで働き始め4年目になります。一般病棟からICUという特殊部署での仕事は今までとは違った業務内容、勤務形態で戸惑うことも多かったです。どんな仕事にもストレスを感じることはあると思いますがそんなな中での癒しは子供の笑顔です。仕事から帰るといつも笑顔で出迎えてくれるので仕事のストレスも忘れられます。子育てをしながらの仕事は大変な時もありますが、逆に子供の笑顔や言葉に助けられることも多いです。まだまだ未熟ですが子供とともに日々成長していきたいと思います。

message
救急外来

 「先輩パパナースと子どもについて相談」

パパナース  看護師経験10年目になりましたが救急病棟・外来、集中治療室を経験し春から救急外来に戻り働いています。1歳半になったおやんちゃな娘からは毎日元気を貰っています。仕事が終わり帰宅すると笑顔で駆け寄ってくる娘が可愛くて仕方ありません...。そんな娘も近頃風邪をひくことが多くなってきましたが、そういった時にも職場の先輩パパNsには快く相談に乗っていただけます。医療者ならではの視点で子供の事を相談できるのは、医療職の特権かなと思います。仕事が大変だと思うことも多々ありますが、出迎えてくれる娘と妻の姿を楽しみに日々仕事を頑張っていきたいと思います!


このページの先頭へ