TOP > 先輩と職場 > 中堅ナース

中堅ナース

message
3病棟3階(循環器内科・心臓血管外科)  2016年度卒

 「たくさんの学びがある病棟」

3病棟3階  循環器・心臓血管外科に配属されて4年目になりました。急性期看護の中でもとても刺激のある病棟で4年目になった今でも毎日多くの学びがあります。また、この病棟では心不全や心筋梗塞の患者さんが多く、生活指導が重要です。個別性に合わせた指導を考え、実践していくことにとてもやりがいを感じています。これからも、個別性のあるより良い看護を行っていけるよう頑張ります。

message
3病棟7階(消化器内科・呼吸器内科)  2013年度卒

 「実施指導者を任されて」

3病棟7階
 整形・形成外科、消化器・呼吸器内科を経験し、今年で7年目になります。今年は実地指導者の役割を任され、新人看護職員の指導を行っています。指導を行う中で、自己の行動を振り返る機会となり、気付きの毎日です。指導体制は整っており、病棟スタッフ皆で声を出し合っています。今後、更に学習と経験を重ね、模範となれるよう自己研鑽し、より良い看護を提供していきたいです。

message
救急病棟  2016年度卒

 「心のこもった看護で患者さんを笑顔にしたい」

救急病棟
 救急病棟に配属されて4年目になります。救急病棟では、突然の事故や病気などで人工呼吸器を装着していたり急変のリスクも高い患者さんが入院されています。そのため、看護師として膨大な量の知識・技術が必要であり、4年目となった現在も学会への参加や資格取得など常に自己研鑽は続けています。そのような毎日を送る中、日々回復される患者さんの姿を見ると嬉しく、看護師になって良かったとやりがいを感じています。これまで培ってきた経験を活かしながら、今後も一人でも多くの人が笑顔になれるように心のこもった看護をしていきたいです。

message
集中治療室 2010年度卒

 「向かいたい方向へ背中を押してもらえる職場」

ICU
  集中治療室へ配属されて4年目になりました。もともと他院の呼吸器内科で働いていたのですが、大垣市民病院の呼吸チームが呼吸器の領域で大変活躍していると聞き、自身のスキル向上のために思い切って2015年に入職しました。興味のある院外の学会や研修会に積極的に参加でき、2年目から呼吸器のチームの一員として役割を担うことができ、自分の希望する領域で活躍できる環境が整っていて、とても満足しています。不規則な勤務の中で、仕事の調整をし、チームに参加出来ることは職場のりかいがあってこそだと思います。今後も経験から得た学びを日々の看護に活かしていきたいです。


このページの先頭へ