TOP > 新卒サポート

新卒サポート

チーム支援型  平成22年度からチーム支援型の新人看護職員教育をおこなっています。


 新人看護職員研修は、「自己成長ファイル」「多重課題の対応」「院内留学」「フォローアップ研修」4つです。また現場ではPNSによる業務および指導を行い、この5つを柱に、さまざまなOJTやOFFJTを組み合わせて成長を見守ります。


1 業務はペアナースと
PNS  PNSをとりいれており、ベッドサイドへはペアナースと一緒にケアや処置にあたります。4月に新人看護職員を集めた基本技術の集合研修を行い、その後配属部署での指導のもとに看護実践を行います。部署では、ペアナースと患者の情報共有を行い、ペアナースと業務にあたります。ペアナースと行うことにより、自信のないこともその場で教えてもらうことができます。


2 自己の成長を全員が綴る(グロースファイル)
grows2.jpg  新規採用者は、全ての看護職員は自己の成長記録をつけます。就職後1ヶ月は毎日、その後は頻度は少なくなりますが、新規採用者と指導者の記録を同じファイルに載せます。指導者はポジティブメッセージを送り、自分の目標が明確になるように指導します。  1年が終わる頃には、成長した自分を振り返る大切なファイルになっています。


3 経験できないことは「院内留学」で
院内留学  同じ時期に就職しても、配属部署により経験できることとできないことがあります。「同期と比べ、自分はできない・・・」と感じることもあります。 手術室に配属された場合、「抗がん剤投与」「エンゼルケア」「食事介助」など経験することができません。そのため、配属された部署で経験できないことは、院内留学を行い経験してもらいます。配属した部署とは違う部署で、職員として配属することは、新たな刺激にもなり、いろいろ意味のある研修になっています。


4 多重課題の研修
CIMG1192.jpg 百戦錬磨の看護師長が、認知症やわがままな患者役となり、好き勝手に4人部屋で動きます。新人看護職員は、その4人部屋をどうやって対応するのか、考えます。数え切れないほどの、患者さんとの対応をしている看護師長の演技は真に迫るものがあります。  他の人の対応も見て、自分なりにどう対応するのかグループワークでまとめます。


5 定期的なフォローアップ研修
CIMG1644.jpg  4月に就職し、2週間の集合研修。その後は部署にわかれて仕事を覚えていきます。不安な毎日が過ぎていきます。
一緒に就職した、「あの人はどうしているんだろう・・・・」。悩んでいるのは、あなただけではありません。就職後、1ヶ月3ヶ月、6ヶ月と定期的にフォローアップ研修を行います。
 新卒の人は、5~6人のグループを作り、年間のグループ目標を達成するため、部署とは離れた活動を行います。グループの目標は何でもかまいません。親睦会でも、業務を覚えるでも、自分達で目標を考えて活動します。

平成29年度
集合教育
研修名日程・場所方法
オリエンテーション4月4日
電子カルテ操作訓練4月17日~20日演習
基本姿勢と態度看護職員としての自覚と責任ある行動4月4日講義
組織における役割・心構えの 理解と適切な行動
患者の理解と患者・家族との 良好な人間関係の確立4月5日講義
生涯にわたる主体的な自己 学習の継続
技術的側面環境調整技術4月4日講義
演習
清潔・衣生活援助技術
食事援助技術4月4日講義
演習
排泄援助技術4月4日
活動・休息技術
症状・生体機能管理技術4月5日講義
演習
与薬の技術(血糖測定・インシュリン製剤について)4月13日
苦痛の緩和・安楽確保の技術4月14日講義
演習
創傷管理技術4月14日講義
演習
感染予防技術4月10日講義
演習
安全確保の技術4月13日講義
演習
予約の技術(注射・輸液)4月11日~12日講義
演習
呼吸・循環を整える技術4月11日~12日講義
演習
救命救急処置技術( 月 日)講義
演習
症状・生体機能管理技心電図モニター・12
誘導心電図の装着、管理
4月19日 講義
演習
与薬の技術中心静脈内注射の準備・
介助・管理
(10月)
講義
演習
管理的側面安全管理4月6日講義
情報管理4月4日講義
業務管理4月6日講義
薬剤等の管理4月6日講義
災害・防災管理4月5日
物品管理
コスト管理
業務多重課題研修(10月)講義
演習
フォローアップ1ヶ月フォロー5月講義
GW
3ヶ月フォロー6月GW
6ヶ月フォロー9月GW
11ヶ月フォロー2月GW

 厚生労働省から出された「新人看護職員研修ガイドライン」を基に、平成22年度よりチーム支援型の新人看護職員教育を行っています。


 新卒者は新人看護職員研修を受けます。新規採用者の中で経験がある場合は、経験を加味してレベルⅠ、レベルⅡとして研修を受けます。ラダ-の新人看護職員に所属しない人も、必要に応じて新人看護職員研修(集合教育)に参加することもあります。

新人指導体制 新人指導体制

 新人看護職員の研修は、シミュレーションセンターや講堂で行います。シミュレーションセンターは 注射人形や、注射モデル、全身モデルを置き基本的技術の研修を行います。
BLS研修では、蘇生人形を用いて手技を確認しながら実施します。

4月

新人職員研修の13項目
 注射、輸液の集合教育の様子

エンゼルケア
エンゼルメイク エンゼルメイク2  エンゼルケアでは人形でエンゼルメイクを演習します
霊安室に行き実際の動きを確認します

電子カルテの操作訓練
電子カルテ 電子カルテ  説明は、先輩看護師が行い、新人二人に一人の指導者がインストラクトします。

5月

救急蘇生
CPR CPR  救急認定看護師が救急蘇生の演習を行います

口腔・気管内吸引
吸引  集中治療認定看護師が中心となり口腔・気管内吸引の演習を行います。

6月

3ヶ月フォロー研修
3ヶ月フォロー研修 夜勤の説明 久しぶりに同期と再会して、いろいろな思いや不安を語りあいます。同期も同じ不安を抱えていることが共有でき、励みになります。

7月

12誘導心電図
ECG  人形を用いて心電図装着を演習します。
循環器病棟のレベルⅣ看護師がインストラクターとなり個別指導を行います。

8月

研修はありません
夏休み  夏休みをとってリフレッシュ!

9月

看護研究の院内発表会
院内発表 院内発表 初めて看護研究の院内発表会に参加します

6ヶ月フォロー研修
6ヶ月フォロー 6ヶ月フォロー 同期はやっぱりいいな。各グループが順番に発表します

10月

多重課題の研修
多重課題 多重課題  報告・連絡・相談の研修を行います。5~6人のグループに別れ、演習します。
師長や看護主任が、真に迫る演技で患者を演じます。
「看護師さん トイレ」「点滴がありません」と叫び、咳をしながらSpO2を下げる・・・
一度に言われても・・・

11月

中心静脈内注射の準備・介助・管理
研修医と合同で中心静脈注射挿入の介助を演習します。

2月

11ヶ月フォロー研修
11ヶ月フォロー 11ヶ月フォロー  1年間を振り返り、現在の想いを表出します
そしてチーム活動もまとめます。

3月

1年間の活動報告会
1年振り返り 1年振り返り  1年間の6~7人にわかれて取り組んだ活動の発表をします。
「同期のみんな、ありがとう!!」


このページの先頭へ