ホーム診療科・部門案内医療安全管理部 > 医療安全管理課

医療安全管理課

 医療安全管理課では、患者さんにとって安全・安心な医療の提供ができるよう業務を行っています。
当院の方針としては、医療事故防止対策から医療安全確保へと発想を変え取り組んでいきます。

基本方針について

  • 安全な医療の提供
  • 医療事故に対する真摯な対応
  • 医療環境の整備、改善
  • 医療安全に対する情報収集および啓蒙活動
  • 軽微な医療事故に関する対策を重視し、重大事故への移行を防ぐ

業務体制について

  • ゼネラルリスクマネージャー
  • ゼネラルリスクマネージャー
  • 医療安全管理課
  • 医療安全管理課
  • 医療安全管理課
  • 医療安全管理課
  • 医療安全担当副院長
  • 医療安全担当医師(医療安全管理者)
  • 課長(医療安全管理者 薬剤師)
  • 看護師長(医療安全管理者 看護師)
  • 対策官(医療安全管理者 放射線技師)
  • 主幹(事務職員)

主な業務内容について

  • 職員に対する安全教育や研修(年2回以上の医療安全講演会、職員のBLS実践教育)
  • 医療安全マニュアルの整備及び改訂(マニュアルの電子化により順次更新)
  • 医療安全管理に関するラウンド(安全点検のため各部署への巡回)
  • インシデント、アクシデントレポートについての情報収集、解析、改善策の立案
  • 症例検討会の開催:重大な事例について関係職種を集め検討を行う
  • 重大事例における検討会等の開催:外部医師、弁護士などを含めた事例検証、
    発生要因および再発予防策の検討
  • 医療事故発生時の対応:情報収集及び分析、患者及び家族への対応、予防策の策定

各種会議について

 医療安全委員会を中心に各種会議を行っています。

1)医療安全委員会(月1回開催 23名)

  • 医療安全管理に関する各種部会から報告された内容についての検討
  • 医療安全対策の検討及び推進
  • 医療安全管理に関する調査、情報収集、周知

2)解析専門部会(月1回開催 23名)

  インシデントアクシデントレポート等の分析並びに改善策の立案及び実施。

3)企画広報・ラウンド部会(月1回開催 16名)

  年1回に分けて院内全部署を医療安全に関わるスタッフで巡回して医療安全の徹底が図られているか確認する。

  • 医療安全マニュアルの改訂(マニュアルの電子化に伴い順次更新)
  • 医療安全講演会の企画、講師依頼、会場設営など
  • 月別医療安全標語の発案および電子カルテ掲示板への掲載
  • 医療安全上、必要性の高い内容における院内周知
  • 患者誤認防止の確認
  • 検体認証マニュアルの確認
  • ダブルチェック項目の徹底が図られているか確認
  • 医療安全マニュアルに沿って各医療現場で対応ができているか確認

4)医療機器安全管理部会(年6回開催 17名)

  院内で管理する医療機器に対し、研修、保守及び情報収集が行われているか確認し、各部署に対し周知。

5)医薬品安全管理部会(年6回開催 16名)

  院内で取り扱う医薬品に係る事故の防止及び適切な管理を行うための必要な対応を図る。

6)医療事故調査委員会(随時開催 16名)

  医療従事者が提供した医療に起因する予期しなかった死亡又は死産に該当する可能性のある事例に対し、当院の見解及び対応を審査する。

7)医療行為審査委員会(随時開催 16名)

  院内で起きた重大事例に対し、原因の調査究明と再発防止の対応、事例に対する具体的対応について検討する。