ホーム診療科・部門案内画像部門(放射線) > 画像部門の組織

画像部門の組織

画像部門は竹島科長以下、診療放射線技師48名と臨床検査技師6名、パート技師5名の59名、受付事務員20名で運営されています。(2018年4月 現在)

当部門は以下の6室にて構成されています。

  1. 外来放射線室(技師:11名、事務員:5名)
    担当検査:X線撮影・マンモグラフィ・X線透視・CTコロノグラフィ
  2. 中央放射線室(技師:11名、事務員:4名)
    担当検査:CT・血管造影・ハイブリッド手術室
  3. 機能診断室(技師:12名、事務員:5名)
    担当検査:MRI・核医学・PET/CT
  4. 形態診断室(技師:17名、事務員:3名)
    担当検査:超音波
  5. 血管専門検査室(技師:3名、事務員:1名)
    担当検査:超音波・四肢血管脈波測定(ABPI)
    血管内皮機能測定(FMD)・皮膚潅流圧測定(SPP)
  6. 放射線治療室(技師:6名、事務員:2名)

職員は、技術・知識向上のために学術発表・資格や諸認定取得に積極的に取り組んでいます。

取得資格一覧へ

画像部門の行事

主な行事一覧

○ 緊急時対応シミュレーション
IMG_5646.JPG

○ 造影剤アレルギー初期対応シミュレーション

IMG_0030.JPG

○ 病院防災救助訓練(病院主催に参加)

saigai.jpg
○ 集団救急模擬訓練(病院主催に参加)
IMG_3422.jpg