ホーム診療科・部門案内眼科

眼科

眼科の紹介

 岐阜県西濃地域の中核的基幹病院として、角膜疾患、白内障、緑内障、網膜硝子体疾患、眼感染症、ぶどう膜炎などに対する高いレベルの医療を提供するよう心掛けています。外傷など緊急の場合にも迅速な対応を行っています。

基本方針

  • 当院の基本理念に従い、患者中心の医療を行います。
  • エビデンス(根拠)に基づいた検査と治療を行います。(Evidence-Based Medicine)
  • 地域医療と病診連携の充実に取り組みます。

スタッフ紹介

山田 博基
no image
役職 医員
卒業大学名
医師免許取得年
佐賀医科大学
平成20年
専門医資格(その他)  
専門分野  
村田 一弘
no image
役職 医員
卒業大学名
医師免許取得年
金沢医科大学
平成20年
専門医資格(その他)  
専門分野  
山田 渉
no image
役職 医員
卒業大学名
医師免許取得年
岐阜大学
平成24年
専門医資格(その他)  
専門分野  

手術症例

診療実績

 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔、緑内障、後発白内障、未熟児網膜症に対するレーザー治療は年間1000件以上、平成23年の入院手術件数は717件でした。

  2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
白内障手術 587 572 558 485 472 455 555
緑内障手術
(白内障手術との同時手術を含む)
0 0 1 20 21 19 42
網膜復位術
(網膜剥離に対する)
3 16 13 33 60 60 35
硝子体手術
(白内障手術との同時手術を含む)
61 80 118 69 41 60 68
角膜移植術
(白内障手術との同時手術を含む)
0 0 0 1 3 2 3
斜視手術 11 14 20 17 15 12 19
その他
(外傷など)
7 4 7 27 21 15 18

学会発表

  2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
国内学会発表数 0 0 1 1 0
論文数 0 0 0 0 0

治療について

白内障の治療方針

 手術を行う時期は職業、年齢などを考慮し、日常生活に不自由を覚えるようになった段階で行います。視力低下の原因が白内障であり、手術を希望する場合は適応と考えます。

緑内障の治療方針

 日本緑内障学会による『緑内障診療ガイドライン(第3版)』に基づき、各種検査、治療(薬物治療、レーザー治療、手術治療)を行っています。

糖尿病網膜症の治療方針

 近年成人の失明原因の第1位を占める疾患であり、病期分類に従って治療法(網膜光凝固術、硝子体手術)を決定しています。