平成27年度 大垣市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 2326 524 601 877 1039 1486 3689 4335 3156 528
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 146 15.2 15.4 0.7 61.5 血糖コントロール
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 92 18.2 17.7 1.1 67.0
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 43 22.3 21.7 18.6 84.6
 2型糖尿病の患者が最も多くなっています。2型糖尿病は最も一般的な糖尿病で、すい臓で作り出されるインスリンの量が十分ではないか、十分作用していない状態です。
 ついで非ホジキンリンパ腫(ホジキンリンパ腫以外の悪性リンパ腫)、誤嚥性肺炎の症例となっています。
呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 200 14.3 14.3 2.5 71.5
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 110 3.8 3.3 0.0 74.4
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 104 22.9 20.6 7.7 71.9
 呼吸器内科が扱う主な疾患は、肺炎、肺がん、間質性肺炎となります。このうち肺炎の症例が最も多くなっています。2番目の「肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし」は、気管支鏡を用いて肺がんが疑われる部位の観察や、細胞組織の採取を行う検査入院の症例になります。
消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 131 12.1 10.9 3.8 74.1
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 113 11.3 12.0 0.9 73.3 肝動脈塞栓術
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 92 9.3 10.6 3.3 71.9
 膵・胆道系で最も多い疾患は胆石症です。胆管結石は腹痛、黄疸や発熱をきたし、時には敗血症となって危険な状態に陥ることもあります。このような患者さんに対しては内視鏡的乳頭切開術、乳頭バルーン拡張術を行ない、手術を行なわずに治療を行っています。
 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)の症例も2番目、3番目を占めています。
循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 308 4.6 4.9 0.0 70.3 PCI
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 273 5.9 5.7 0.4 64.6 EPS
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 273 20.3 18.3 6.2 81.7
 狭心症、慢性虚血性心疾患における経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を数多く実施しています。大垣市民病院では365日24時間いつでも心臓カテーテル検査及び治療ができる体制を整備しているので、急性心筋梗塞への迅速な対応が可能です。
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 533 5.8 5.7 0.2 3.6
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 170 6.0 6.3 0.6 3.8
030270xxxxxxxx 上気道炎 142 4.7 4.8 0.0 2.2
 肺炎、急性気管支炎等の急性感染症の症例が最も多くなっています。 その他に気管支喘息、川崎病、自己免疫疾患、けいれん性疾患、腎疾患、代謝疾患、検査入院など、非常に多彩な疾患の患者が入院されております。
 なお、当院は岐阜県より小児救急医療拠点病院の指定を受けています。
第二小児科(小児循環器、新生児科)
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 62 7.3 5.7 0.0 4.1
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 50 6.4 6.2 10.0 0.0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 40 14.5 11.6 2.5 0.0
 大垣市民病院は岐阜県より地域周産期母子医療センターの指定を受けており、低出生体重や先天性疾患など出生時に病気や障害がある場合は、当院の小児循環器、新生児科にて診療を行っています。また当科には先天性の病気や障害を持ったお子様が通院しており、そのようなお子様が肺炎や気管支炎等の感染症にかかって入院されています。そのため入院期間が長くなることがあります。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 153 9.1 9.2 2.6 72.5 腸閉塞保存療法
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病なし 125 6.0 5.6 0.0 29.7 虫垂切除術(ドレーンなし)
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 113 6.3 7.0 0.0 58.2 腹腔鏡下胆のう摘出術
 大垣市民病院では救急疾患に対する診断体制が確立されており、速やかに治療が開始され短期間の退院を目指しています。一部の救急疾患については深夜・時間外でも腹腔鏡手術を行い患者さんの早期社会復帰に心がけています。 外科では救急救命センターの一翼を担い、24時間365日体制で腸閉塞(イレウス)、虫垂炎、胆嚢炎などの急性期疾患の診療にあたっています。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 202 28.9 28.7 61.9 81.1
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 38 22.2 21.5 60.5 76.4
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病なし 38 4.3 5.4 0.0 21.2
 整形外科では四肢・脊椎などの運動器疾患・外傷の治療を行っています。特に高齢者の転倒による大腿骨骨折に対する手術が最近増加しています。また若年者では肘の外傷が比較的多くなっています。当院は急性期病院として、地域の医療機関との緊密な連携のもと、回復期のリハビリテーションを行っており転院率も高くなっています。
 近年、患者さんの高齢化も進んでいることから、個々の症例に応じて全身状態及び受傷前の日常生活動作(ADL)や手術後の生活の質(QOL)に配慮し、適切で安全な治療に努めています。
形成外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 40 4.8 5.9 0.0 41.3
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 34 3.1 3.5 0.0 74.6 眼瞼下垂症手術
050170xx9720xx 閉塞性動脈疾患 その他の手術あり 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 12 32.2 37.8 16.7 78.8
 交通事故や、転倒、スポーツ等で、顔をぶつけたりして発生する顔面損傷の症例が多くなっています。顔面骨骨折では、視診、触診に加え、顔面のレントゲン写真、3DCT画像などから治療方針を決め、脳外科、眼科、耳鼻咽喉科と連携し治療を行っております。
 また生まれつき、もしくは年をとってまぶたが垂れ下がって、眼を開けにくい方に対して眼瞼下垂の治療を行っています。
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 55 21.1 19.3 36.4 70.2
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 52 12.5 10.0 13.5 76.6 慢性硬膜下血腫
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 38 14.6 7.5 13.2 56.0
 脳神経外科での入院は脳出血と頭部外傷が多くなっています.脳出血では麻痺や言語障害などの後遺症を残すため3割以上の方が転院となっています。
 頭部外傷では高齢者や多発外傷で合併症も少なくないため1割以上の方が転院となります。
心臓血管外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 76 12.3 13.0 0.0 68.8
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 45 6.6 9.7 0.0 28.5
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 30 15.0 21.4 0.0 66.3
産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 146 9.4 9.9 0.0 33.1 帝王切開
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 110 6.0 6.5 0.0 40.5 腹式・膣式良性疾患
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 86 9.9 10.2 0.0 43.2 子宮脱
眼科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 17 13.2 11.1 0.0 58.1
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 16 8.1 7.4 0.0 75.3
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 10 3.0 3.4 0.0 8.9
耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 118 7.7 8.2 0.0 14.1 口蓋扁桃摘出術
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 55 5.6 5.5 0.0 41.8
030428xxxxxxxx 突発性難聴 42 9.7 9.6 0.0 53.7
 急性扁桃炎や喉頭蓋炎の救急入院症例が最も多くなっています。その他に習慣性扁桃炎(習慣性アンギーナ)や睡眠時の呼吸障害に対する手術を行っています。
 また突発性難聴では、糖尿病の合併症や高度の難聴に対し入院治療を行っています。
神経内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 221 23.2 18.1 37.6 72.5
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 69 21.0 15.8 42.0 76.1
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 33 11.3 7.0 9.1 59.3
皮膚科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 73 24.8 8.4 0.0 76.2 帯状疱疹・水痘・ヘルペス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 43 8.2 8.3 0.0 68.6
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 20 5.3 3.9 0.0 46.6
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 43 8.2 9.0 0.0 68.6 膀胱腫瘍
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 36 27.3 10.5 0.0 76.3
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 35 23.4 14.0 0.0 76.4 前立腺全摘出術
 表在性膀胱癌(Ta、T1:腫瘍は粘膜下結合組織まで浸潤)に対しては経尿道的膀胱腫瘍切除術を行います。術後、補助治療として抗癌剤やBCGを膀胱内に定期的に注入する治療を行う場合があります。がんの進行度によって手術困難な場合は、化学療法や放射線療法を併用して治療を行っています。
 前立腺悪性腫瘍では、当院は2014年5月からロボット支援による前立腺全摘出手術を行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 191 35 57 54 33 108 1 ,7
大腸癌 69 85 106 35 45 133 1 ,7
乳癌 71 72 21 1 4 48 1 7,
肺癌 62 28 68 69 99 206 1 7,
肝癌 57 44 41 6 13 145 1 7,

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 大垣市民病院は岐阜県地域がん診療拠点病院の指定をうけており、岐阜県西濃医療圏(人口約40万人)をカバーしています。手術・治療患者の数は岐阜県下で随一であり、その経験からより高度な医療を含めた社会的・学問的貢献を目指しています。
 消化器がんでは積極的に腹腔鏡手術を導入しており、2015年実績では胃癌230人(腹腔鏡91人)、大腸癌314人(同98人)と全国10位以内の経験数です。また当院は腹腔鏡下肝臓・膵臓手術の施設認定を受けている岐阜県下唯一の施設で有り肝臓腫瘍・膵臓腫瘍に対しても積極的におこなっています。
 乳がんは年間156人の手術経験をもち、これに加えて手術前後、再発後の抗がん剤、放射線治療、ホルモン治療なども集学的に行っています。
 抗がん剤治療についてはQOLを考えほぼすべて外来通院で行えるように配慮し外来通院センターを設置しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 50 14.1 56.9
重症度 1 70 14.4 73.0
重症度 2 64 17.7 78.8
重症度 3 31 21.1 77.9
重症度 4 15 22.1 78.9
重症度 5 4 17.3 81.0
不明 1 10.0 95.0
 成人(20歳以上)の肺炎患者について重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
 市中肺炎とは普段の社会生活を送っているなかで、羅患した肺炎になります。
 当院では重症度が0から2の比較的重症度の低い患者さんが多くなっており、重症度1以上では平均年齢が70歳を超えます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群3日以内 13 7.6 64.8 0.0
その他 0 - - -
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群3日以内 0 - - -
その他 0 - - -
I63$脳梗塞3日以内 404 28.8 75.4 39.1
その他 27 35.3 71.3 40.7
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 11 16.5 67.0 9.1
その他 2 7.5 72.0 0.0
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 4 32.0 68.3 50.0
その他 0 - - -
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>3日以内 1 13.0 11.0 0.0
その他 1 2.0 11.0 0.0
I679脳血管疾患,詳細不明3日以内 0 - - -
その他 0 - - -
 脳梗塞について、国際疾病分類基準(ICD-10)にあわせて患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。
 当院ではI63$脳梗塞の症例が最も多く、ほとんどは発症から3日以内に治療を開始していますが、その他の症例に比べて入院期間が短くなっています。
 脳梗塞で入院された症例のうち、約4割の患者さんは近隣の医療機関に転院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K610-3 内シャント設置術 78 7.9 12.4 7.7 67.5
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 9 5.7 16.3 0.0 59.3
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 7 9.0 19.3 14.3 65.6
呼吸器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K508 気管支狭窄拡張術(気管支鏡) 11 3.6 18.9 9.1 62.2
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 6 3.8 36.2 0.0 63.5
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 5 12.2 10.4 0.0 75.0
消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管)(その他) 109 1.5 8.9 0.0 73.0 肝動脈塞栓術
K654 内視鏡的消化管止血術 103 0.9 10.5 3.9 69.1
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 93 1.4 7.8 0.0 72.4 胃ESD
循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 240 1.9 3.4 0.0 70.5 PCI
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 236 1.6 4.6 0.0 66.4 EPS
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 111 0.0 11.7 1.8 70.5 PCI
小児科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 5 0.0 2.0 0.0 2.0
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 3 2.3 8.3 0.0 3.3
K386 気管切開術 1 13.0 64.0 0.0 15.0
第二小児科(小児循環器、新生児科)
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 20 0.0 43.1 0.0 0.0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 15 0.0 53.7 6.7 0.0
K570-3 経皮的肺動脈形成術 7 1.0 1.6 0.0 10.1
 大垣市民病院は新生児集中治療室(NICU)を整備しており、地域の産科施設から高リスクの胎児や、仮死状態の新生児が搬送され、蘇生治療を含む集中治療を行っています。
 また、先天性疾患を持つお子様へのカテーテル治療を行っており、特に肺動脈形成術が最も多くなっています。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 176 0.5 2.1 0.6 48.6 ヘルニア(メッシュプラグ)手術
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 168 1.1 4.5 0.6 59.2 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 126 1.1 2.1 0.0 62.2 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術
 大垣市民病院は岐阜県より地域がん診療拠点病院の指定を受けており、治療の中心は高度な知識と技術を必要とする病気ですが、良性疾患の外科治療も積極的に行っています。具体的には胆石、そけいヘルニア、痔核などの他に、虫垂炎、胆嚢炎、腸閉塞、外傷などの救急疾患、小児外科までの幅広い領域を担当しています。最近では早期社会復帰のニーズに対応すべく、心臓などのトラブルのない患者さんには積極的に腹腔鏡手術を行っており、2015年にはヘルニア128人、胆のう185人の腹腔鏡手術を経験しました。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 182 4.1 20.0 44.5 71.9
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 92 3.5 17.9 13.0 55.3
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 78 6.2 23.5 66.7 80.4
 骨折観血的手術による症例が多くなっています。骨折観血的手術とはギプス固定などの整復と違い、骨折している部位を切開し、骨を正常な状態に戻したり、ワイヤーやプレート、ネジ等で固定するのが一般的です。
 部位としては、高齢者の転倒による大腿骨の骨折が最も多くなっています。術後の入院日数は約20日程度で、その後回復状況によって約4割の患者さんは地域の医療機関への転院となっています。
形成外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 32 0.2 1.9 0.0 72.2
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む) 23 0.5 3.8 0.0 37.2
K0842 四肢切断術 上腕、前腕、手、大腿、下腿、足 12 4.2 36.1 25.0 77.8
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 82 0.7 11.8 9.8 79.7 慢性硬膜下血腫
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 30 6.5 28.5 16.7 57.0
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 24 1.0 41.4 66.7 64.2
 慢性硬膜下血腫の穿頭洗浄術は通常1週間以内で退院可能ですが,近年高齢者が増加しており,複数の疾病を伴っていることも少なくなく,術後日数や転院率も上昇傾向にあります。頭蓋内腫瘍では実は脳腫瘍とされる腫瘍は200種類近くあり,腫瘍の種類により術後の放射線治療,化学療法の必要性が変わります。従って2週間以内に退院可能な方から2か月以上治療を継続する必要な方までいらっしゃいますので,平均すると1か月程度の入院期間となります。
 脳出血や頭部外傷などに対する開頭血腫除去術では必然的に後遺障害を残すため,入院期間も長めになり,転院率も高くなります。
心臓血管外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 51 2.7 2.7 0.0 30.4
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 45 2.1 10.6 0.0 69.4
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 24 5.0 10.7 0.0 71.1
産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 134 6.7 7.4 0.0 33.2 帝王切開術
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 111 0.9 4.1 0.0 40.4 腹式・膣式・良性疾患
K877 子宮全摘術 82 1.1 8.2 0.0 49.2 子宮脱
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 539 1.0 1.0 0.0 73.0 白内障手術
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 59 1.0 9.9 0.0 62.7
K279 硝子体切除術 17 0.6 1.5 0.0 71.5
耳鼻咽喉科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 108 1.0 6.0 0.0 14.7 口蓋扁桃摘出術
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 34 1.0 0.3 0.0 4.2
K319 鼓室形成手術 32 0.9 8.2 0.0 41.8 鼓膜形成術
 幼児の鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術は全身麻酔下で一泊入院となります。
 鼓室形成手術は主に真珠腫性中耳炎(中耳の炎症が長引くことにより、鼓膜の一部が中に入り込んでしまう状態)に対して施術しており、できるだけ1回の入院で聴力再建まで行います。
神経内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む) 10 19.8 41.3 30.0 72.4 胃瘻造設術
K178-4 経皮的脳血栓回収術 8 0.0 29.4 75.0 77.6
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 2 3.0 71.0 100.0 87.0
皮膚科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 75 0.5 24.0 0.0 75.6
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) 14 0.1 7.1 0.0 47.5
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 12 0.0 3.2 0.0 49.4
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 180 1.8 3.0 0.0 72.5 膀胱腫瘍
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 52 1.6 9.6 0.0 66.4 腎臓摘出術
K843 前立腺悪性腫瘍手術 45 1.0 8.8 0.0 67.3 前立腺ン全摘出術
 膀胱、腎臓(尿管含む)や前立腺の悪性腫瘍(がん)の手術件数を多く実施しています。入院から手術費日までは膀胱、腎臓の悪性腫瘍手術では1日~2日、前立腺の悪性腫瘍手術では1日程度となっています。
 低侵襲手術により早期の退院となるよう心がけています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 8 0.04
異なる 35 0.19
180010敗血症同一 34 0.18
異なる 22 0.12
180035その他の真菌感染症同一 3 0.02
異なる 11 0.06
180040手術・処置等の合併症同一 54 0.29
異なる 5 0.03
 入院中、患者さんの免疫力が低下すると、ウイルスや細菌の感染による合併症を発症する場合があります。
 場合によっては深刻な事態となるため、合併症の発症率を少しでも抑える取り組みが必要とされますが、当院は西濃医療圏において中核的な役割を担っており、重篤な主疾患の合併症として発症するケースが多いと考えられます。
更新履歴
2016.10.24
コメントを追加しました。
2017.1.20
患者用パスを追加しました。