ホーム大垣市民病院について > 外科手術データベース事業について

外科手術データベース事業について

 日本外科学会が中心となって各外科関連学会の合意のもと平成23年1月1日から外科手術症例の日本全国レベルの集計がスタートしました。目的は日本の外科医療の質の向上と均てん化です。つまり、患者さまが日本のどの場所でも適正な標準的医療が受けられる事が本事業(一般社団法人National Clinical Database,NCD)の目指すところです。もちろん患者さま個人のデータ公表はせず、あくまで日本全体の症例の統計処理のための事業ですから各患者さまにご迷惑がかかることはありません。
 詳細についてはこちらをご覧ください。本データベース登録へのご理解をお願いします。

病院長